ぶら下がり取材「1日1回に」 内閣記者会に提案

印刷

   菅直人首相は2010年6月9日、1日2回行われている首相の「ぶらさがり取材」を、1日1回に減らしたい意向を伝えた。その代わり、月に1回程度、フリー記者も参加できる記者会見を開く。1日2回行われている官房長官の会見は1回に減らす代わりに、フリー記者も参加できるようにした上で時間を延長。午前の会見は官房副長官が行う。これらの申し入れに対して、内閣記者会側は6月10日に対応を協議する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中