2018年 7月 21日 (土)

「本当にごめん岡ちゃん」 ネット上に「懺悔の声」あふれる

印刷

   サッカーワールドカップ(W杯)でE組の日本は2010年6月25日(日本時間)、デンマークを3-1でくだし、決勝トーナメント進出を決めた。新聞各紙は、岡田武史監督の采配をしきりに持ち上げている。だが、事前の評論家やネット利用者の大半の予想は「トーナメント進出はできない」というもの。これが見事に覆されただけに、ネット上では「岡ちゃんごめん」などとする「謝罪の声」であふれかえっている。

   W杯が開幕するまでは、岡田ジャパンの下馬評は散々だった。例えばライブドアが、リーグ戦の組み合わせが決まった09年12月に「日本代表はグループリーグ突破できると思う?」と題して行ったネットアンケートでは、87.7%が「突破できない」と回答。

「神様 仏様 岡田様」と監督を絶賛

   ライフネット生命が3月下旬、20~39歳の男性1000名を対象に行った調査でも、58.5%が「1次リーグ敗退」と予想した。少なくともネット上では、岡田ジャパンに対して非常にネガティブなイメージがついていた様子で、グーグルで「岡田武史」と検索しようとすると、「解任」という言葉が関連キーワードとして表示される有様だ。

   大会前は酷評された岡田監督だが、それを跳ね返す形で2大会ぶり2回目の決勝トーナメント進出を決めたとたん、マスコミからは称賛、ネット上では謝罪の声が相次いでいる。スポーツ各紙は、6月25日午後、W杯特集号を臨時に発売。

   岡田監督が試合前、選手達に「勝ちに行くぞ。点を取りに行かないと、今日の試合には勝てない」などと声をかけたことが良い結果につながったとの見方もあり、ニッカンスポーツは、見開きで

「神様 仏様 岡田様」

と、岡田監督を絶賛する見出しを付けた。

   前出のライブドアのネットアンケートでは、「岡田ジャパン、デンマーク戦は何点?」と題して10点満点で投票を募ったところ、実に62.7%が「10点」と回答。次に多かったのが「9点」の20%だ。

「今までの罵詈雑言許してくれ」

   コメント欄には、

「日本代表、今までの罵詈雑言許してくれ」
「対戦前の下馬評からしたら文句の付けようがない」

といった声が並んでいる。ツイッター上にも、「#okachan_sorry」というハッシュタグが設定され、

「ホントごめん」
「正直、すまんかった」

といった「懺悔ツイート」が相次いでいる。

   評論家も例外ではないようで、釜本邦茂・日本サッカー協会副会長は、TBS系の情報番組「朝ズバッ!」の中で、

「予想が違ったので、謝らないといけない」

と発言している。

   一方、ツイッターの中で話題になっているのが、日本代表の成績について「0勝3敗0分」と書いたフリップを手に、テレビ番組で予想を述べるサッカー評論家のセルジオ越後氏の写真だ。ツイッター上では、「この人さようなら~」と、越後氏を揶揄する声も上がっているが、越後氏はツイッター上で、

「次のステージへの楽しみができたのは確か。それはうれしいけれど、今度の相手のパラグアイは、これまで3チームとは違うタイプ。ドリブルを主体にするチームに対してどう戦うかが大事だよ」

と書き込んでおり、あくまで抑制的だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中