2020年 9月 28日 (月)

高級ブランドに回復の兆し 「カルティエ」2ケタ増、「ディオール」も

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

若者の取り込みに成功したブランドは回復?

   電通総研消費者研究センターの四元正弘・消費の未来研究部長は、

「若者の取り込みに成功したブランドは回復し、そうでないブランドは厳しいです。背景にあるのは、高級ブランドのフラッグシップ(旗艦店)が並ぶ東京・銀座の若返りです」

とみている。

   「フォーエバー21」「H&M」「ユニクロ」などのファスト・ファッションが相次いで出店し、銀座は若者の街となりつつある。彼らはブランド品を買わないと言われているが、四元さんによると、若者うけするデザインがあり、値頃感のあるブランド店には足を運んでいるそうだ。

「若者が重視するのはブランド名よりもデザインです。若者好みのキラキラした素材を使い、若者が『かわいい』と思うブランドは売れているし、逆に『かわいい』という言葉が出てこないブランドはダメだと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中