2018年 7月 19日 (木)

宮崎県 口蹄疫「非常事態宣言」一部解除

印刷

   宮崎県の口蹄疫問題で、宮崎県は2010年7月1日、県内全域に発令していた非常事態宣言の一部を解除すると発表した。殺処分対象になった牛や豚など計27万6000頭の処分が完了したのを受けての措置で、発生地から半径10キロ圏内の移動制限区域外であれば、消毒を徹底した上でイベントの開催ができるようになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中