宮崎県 口蹄疫「非常事態宣言」一部解除

印刷

   宮崎県の口蹄疫問題で、宮崎県は2010年7月1日、県内全域に発令していた非常事態宣言の一部を解除すると発表した。殺処分対象になった牛や豚など計27万6000頭の処分が完了したのを受けての措置で、発生地から半径10キロ圏内の移動制限区域外であれば、消毒を徹底した上でイベントの開催ができるようになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中