大嶽親方と琴光喜関の解雇決める 相撲協会

印刷

   日本相撲協会は2010年7月4日、名古屋市内で臨時の理事会を開き、野球賭博にかかわった大嶽親方(元関脇貴闘力)と大関琴光喜関の解雇を正式に決めた。時津風親方(元幕内時津海)は、主任から年寄に降格し、5年間は昇格しない。また、弟子が賭博にかかわったとして名古屋場所を謹慎する武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)の代行は、外部理事で元東京高検検事長の村山弘義氏が就任することが決まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中