10年上半期新車販売 プリウスが首位

印刷

   日本自動車販売連合会と全国軽自動車協会連合会は2010年7月6日、10年上半期(1~6月)の社名別新車販売ランキングを発表した。1位を獲得したのは、17万426台を売り上げたトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」。プリウスは10年6月まで13か月連続の首位で、圧倒的な強さを見せている。2位はスズキの軽自動車「ワゴンR」(10万6017台)、3位はダイハツ工業の軽自動車「タント」(10万4530台)が続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中