まだ参院選ショック引きずる? 菅首相が半日公邸に引きこもる

印刷

   菅直人首相が2010年7月15日、正午まで首相公邸に閉じこもっていたことが話題になっている。最近公務が滞っているとの見方に対して、仙谷由人官房長官は会見で、「考える時間を与えて」と説明した。が、ネット上では、参院選敗退のショックが残っているのではとの憶測が出ている。

   菅首相はこの日、公邸を出るのを当初予定の午前10時から正午前に変更。記者団から「ゆっくり休んだのか」と聞かれると、「いやいや、いろいろ手紙を読んだり」と否定した。仙谷官房長官によると、公邸で事務打ち合わせや電話などもしていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中