佐ノ山親方の賭博関与報道「信用性なし」 相撲協会特別調査委

印刷

   大相撲の野球賭博問題で、日本相撲協会の特別調査委員会は2010年7月16日に都内で会合を開き、佐ノ山親方(元大関千代大海)も賭博に関与していたという週刊新潮の報道について、記事が信用性に欠けるという結論を出した。

   佐ノ山親方は、14日発売の週刊新潮で、野球賭博やインターネット上の違法な賭博をしていたと報じられたが、関与を否定していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中