2019年 8月 20日 (火)

「アンテナ問題はiPhone 4だけじゃない」 アップル会見にライバル社一斉反発

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   多機能携帯電話「アイフォーン(iPhone)4」に電波受信の問題が指摘された米アップル。総帥、スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が記者会見を開き、電話機を覆う「バンパー」という専用ケースを無料で配布して、対策にあたると説明した。

   米消費者専門誌「コンシューマー・リポート(CR)」が「購入を推奨できない」と断じたうえで「電波障害はケースを使えば解決できる」としていた。アップルはCRなどの声を取り入れた形だが、会見でジョブズCEOは「電波障害はスマートフォン全体の問題」と強調。他社製品にも同じ問題があると説明した。やり玉に挙げられた競合他社からは、「ウチは関係ないだろう」と怒りの声があがっている。

他社製品使って問題指摘

バンパーの無料配布で一件落着、のはずだが
バンパーの無料配布で一件落着、のはずだが
「ご存知のとおり、我々アップルは完璧ではありませんし、電話機も完璧とはいえません」

   米国時間2010年7月16日、カリフォルニア州のアップル本社で開かれた記者会見の冒頭、ジョブズCEOはこう切り出した。会見の主題は、アイフォーン4の電波受信障害。電話機側面の左下にある黒い線状部を握ると、電波の感度が低下してディスプレーに表示されるアンテナバーが減少する問題だ。

   完璧ではない対象をアイフォーン4ではなく「電話機」と表現したのは意味がある。ジョブズCEOは、電波障害はアイフォーン4に限らずスマートフォン共通の問題だと位置づけたのだ。会見場には、ライバル社の製品でも同じ現象が起きることを「証明」する映像が流される。

   最初に登場したのは、リサーチ・イン・モーション社(RIM)の「ブラックベリー」。電話機を握ると画面に表示されているアンテナバーの本数がどんどん減っていく。「まるでアイフォーンとそっくりな現象だ」とジョブズCEO。続く台湾HTCが製造するグーグル製のOS「アンドロイド」を搭載した機種や、韓国サムスン電子製の電話機も、握って数秒後にバーが減っていった。

   改めてジョブズCEOは、「電話機は完璧ではない」と強調。その後は「アイフォーン4の返品率は1.7%」「アンテナ問題でカスタマーセンターに電話をかけてきたユーザーは0.55%」といったデータを出して製品の信頼性を語る。そのうえで「当社ではすべてのお客様にハッピーになってもらいたいから」と、無料でバンパーを配布することにした、と明言した。

   確かに解決策は提示したジョブズCEOだが、最後も「スマートフォンには弱点がある」と言葉を強めて、電波障害はアイフォーン4固有の問題だとは言わなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中