横峯議員「深く犯罪に関与」 恐喝事件で検察審査会が認定

印刷

   飲食店経営者から現金を脅し取ったとしてプロレスラーら6人が逮捕された事件で、東京第4検察審査会は2010年7月21日、不起訴処分となった同社役員の男性(53)について、7日付で「起訴相当」と議決したと公表した。またその中で、民主党の横峯良郎参院議員(50)が共犯者を手配するなど「深く犯罪に関与している」と認定した。

   議決によると、審査対象の男性は昨年6月、プロレスラーら数人と共謀して東京都渋谷区の飲食店経営者から現金約30万円を脅し取ったとして恐喝の容疑で逮捕された。東京地検が不起訴とし、飲食店経営者が審査を申し立てていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中