2018年 7月 19日 (木)

カーシェアリング「利用したい」25.3% 認知度90.5%

印刷

   調査会社のクロス・マーケティングが2010年7月21日に発表した「カーシェアリングに関する調査」の結果によると、カーシェアリングを「利用したい」と答えた人は回答者全体の25.3%だった。認知度90.5%の割には利用の意向が少ないことが分かった。

   カーシェアリングの魅力については、「レンタカーよりも短時間の利用ができる」が65.6%で1位、「利用料(会費)が安い」61.4%、「メンテナンスが不要」55.1%がそれに続いた。また、利用しない理由としては、「近くに利用できるサービスがない」が50.1%、自宅で保有している車があるから」39.6%、「自宅からカーシェアリングの車がある場所までの移動が面倒くさい」24.9%だった。

   調査は7月2~5日、東京23区、横浜市、川崎市に住む20~69歳の男女2000人を対象にインターネットで実施された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中