2019年 8月 20日 (火)

携帯をポルシェに換えた少年 2年間奮闘の一部始終

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   17歳の男子高校生が今、全米のメディアに「引っ張りだこ」となっている。ネットの「物々交換サイト」で、友人からもらった携帯電話を皮切りに交換を繰り返し、最終的に高級車「ポルシェ」を手に入れたというのだ。

   利用したのは、「クレイグリスト」というコミュニティーサイト。求人や不動産から売買、恋人募集まで膨大な数の広告が出されている。どうやってポルシェにまでたどり着いたのか。

毎日5、6時間ネットに張り付き、14回交換

膨大な数の広告が並ぶクレイグリスト
膨大な数の広告が並ぶクレイグリスト

   シルバーのポルシェを乗り回す高校生。カリフォルニア州に住むスティーブン・オーティス君(17)は、この高級車を「無料」で手に入れた。きっかけは15歳のとき、友人からもらった旧型の携帯電話。オーティス君は、この携帯との交換で何か欲しいものを手に入れようと、「クレイグリスト」というサイトに掲載されているオンライン広告を活用する。

   クレイグリストは、もともと米国を中心に新聞広告のような求人、不動産、売買などの情報をネットで提供していた。現在では、米国を含め世界79か国に広がり、月間200億ページビューを誇る「お化けサイト」に成長。サイトのつくりはシンプルで、トップページは国名や都市名が羅列されているだけ。例えば「東京」をクリックすると、東京での求人や不動産の広告を見られる。一部都市の求人や、業者による不動産情報を除いて広告料は無料なので、個人でも気軽に投稿できる。

   オーティス君は、クレイグリストの「売買」項目にある「物々交換」ページを頻繁に閲覧した。毎日5、6時間ネットに張り付き、自分の希望するモノを出している人を探したという。彼の住むロサンゼルスの「物々交換」を見ると、「ゲーム機をノートパソコンに変えて」「ライトバンをバイクに」といった広告がズラリ。写真をつけてアピールする人もいる。7月22日だけでも出品数は数え切れない。一つひとつクリックするのは気の遠くなる作業だ。

   これを根気よく、毎日飽きずに見ていった結果、携帯電話からバイク、アイポッド、ノートパソコン、トラックと14回にわたって交換を重ね、9000ドル相当のポルシェにたどりついた、というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中