2019年 7月 21日 (日)

増え続ける「所在不明高齢者」 住宅取り壊されていたケースも

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   所在不明となっている100歳以上の高齢者の数が、全国で60人以上になることが、2010年8月5日夕方、報道各社の調べでわかった。

   時事通信社のまとめでは、5日午後の時点で67人が不明。札幌市では、106歳の女性が住んでいたとされる場所を市職員が調べたところ、住宅は既に取り壊され、マンションが建設中だったという。JNNの調べでも、5日16時30分現在までに、大阪府で22人、東京都で9人、千葉県と北海道でそれぞれ4人が不明となっており、所在不明の高齢者は全国で計64人。ANNでも、4日に22人だった不明者が66人となっている。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中