辺野古移設を「初」説明 沖縄知事「容認できず」

印刷

   米軍普天間基地の移設問題で、福山哲郎官房副長官は2010年8月11日、沖縄県を訪れ、5月末の日米共同声明の内容を初めて県側へ正式に説明した。これに対し、仲井真弘多知事は、同県名護市辺野古地区へ移設するとした共同声明の内容について、容認できない考えを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中