武蔵川相撲協会理事長が辞任 後任は放駒親方

印刷

   日本相撲協会は2010年8月12日、武蔵川理事長の辞任を承認した。武蔵川理事長は、胃がんの手術を受けた直後で「体調不良」を理由に辞任を申し出たが、一連の野球賭博問題などを受け引責辞任した形でもある。新理事長を選ぶ互選では、放駒(はなれごま)親方=元大関魁傑=が北の湖・元理事長を抑え選出された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中