2018年 7月 19日 (木)

「ピンクパンサー」容疑者、日本に身柄移送

印刷

   東京・銀座の貴金属店で2007年6月、2億円相当のティアラなどが盗まれた事件で、警視庁は2010年8月13日、国際強盗団「ピンクパンサー」メンバーのハジアフメトビチ・リファト容疑者(42)=モンテネグロ国籍=を強盗傷害などの容疑でスペインで逮捕し、8月14日に日本に移送した。同容疑者は、09年3月、偽造旅券を使用したとしてキプロスで現地当局に身柄を拘束され、スペインに移送されていた。犯罪人引き渡し条約が結ばれていない国から容疑者が移送されるのは異例で、スペインが、外交ルートを通じた日本からの引き渡し要請に初めて応じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中