TBSが謝罪 「がっちりアカデミー」不適切情報

印刷

   TBSは2010年8月20日、8月13日放送の情報番組「がっちりアカデミー」内で、自己破産について誤った説明があったとして、番組内や番組ウェブサイトで謝罪した。番組内では、「自己破産が発表されると、給料の4分の1が1か月間差し押さえられる」などと紹介したが、実際は「裁判所で自己破産が認められると、給料の差し押さえを受けることはない」が正しい内容だったと訂正。また、内容の一部に「自己破産について否定的な側面が強調され、誤解を与えかねない表現があった」と説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中