2019年 10月 17日 (木)

JALスッチーの暗い未来  転職しようにも当てがない

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   JALのスチュワーデス「残酷物語」がマスコミを賑わせている。給料が激減し「冬のコートが買えない」。いつクビになるかわからず、転職もままならない。親から仕送りを受けやっと生活している契約スッチーもいるのだという。

   月刊誌「プレジデント」の 2010年7月5日号に掲載された記事「リストラに怯えるJALスッチーの悲鳴」には、42歳のJALベテランスッチーの「今」が紹介されている。

年内に大幅な賃金カットが行われる?

   30代半ばで1000万円弱あった年収が2009年は700万円で、冬のボーナスはゼロ。

   都内のマンションに一人暮らし。家賃は駐車場込みで18万円。両親に生活費を毎月10万円渡している。給与では生活できず、貯金を崩しながら生活している。

   先行きの見通しもない。だが、転職しようにもその当てがない。早期退職に応じた同年代の同僚はタクシーの運転手を勧められたという。2010年9月に整理解雇が実行されるとの噂も出ており、孤独死などのニュースを見る度、独身スッチーとの間で、

「寝てる間に死ねたら楽だよね」

とキツイ冗談を言い合うのだという。

   それでも年収700万円の正社員は恵まれている、という人も多い。ただ、この女性も、クビにならなくても年内に大幅な賃金カットが行われるのは必至。転職しようにも意外に潰しが利かない。家のローンや親の介護などを抱えているため、辞めたくても辞められない。そんな人は少なくない。スッチーの世界が「地獄絵図」になる日もそう遠くないようだ。

   スッチーの悲哀は、ほかにも様々なメディアが取り上げている。朝日新聞(2010年2月21日付け)にはJALスッチー3人が登場した。東京の高級住宅地のマンションに住んでいた45歳のスッチーは大阪転勤となり、節約のために実家で暮らすようになった。38歳のスッチーは「買い物や外食を自粛。この冬は同僚との忘年会も新年会もやめた」。

   30歳のスッチーは冬のボーナスがゼロだったため、大学時代の友人と計画していた海外旅行をやめただけでなく

「今年は冬のコートも買っていません」

と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中