2022年 7月 4日 (月)

野田議員が体外受精で妊娠 問われる「母親とは誰か」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   不妊治療体験をつづった著書もある自民党の野田聖子衆院議員(49)が、体外受精で妊娠に成功したことを週刊誌の手記で明らかにした。代理出産のあり方については日本国内でもしばしば議論になるが、今回の妊娠で注目すべきなのが、事実婚の関係にある男性の精子と、第3者の卵子からできた受精卵を野田氏の子宮に移したという点。これまでには、米国で代理出産で生まれた子どもが日本の法律では実子と認められなかったケースがある一方、今回のケースでは、法律上は野田氏が、子どもの「母」になる。代理出産に関する法整備が現実の社会に追いついていないのが現状だ。

対外受精の治療や流産の経験

   野田氏は01年に鶴保庸介参院議員と事実婚したが子どもに恵まれず、体外受精などの治療を続けた。04年には念願の妊娠を果たしたが、流産。その時の体験をつづった著書「私は、産みたい」(新潮社)を発表したが、45歳になったのを機に「子どもはあきらめた」などと発言していた。06年には、鶴保議員との事実婚も解消していた。

   そんな中、野田議員は「週刊新潮」10年9月2日号(首都圏では8月26日発売)に寄せた「それでも私は産みたい」と題した手記の中で、10年5月に米国で体外受精を行って妊娠し、現在15週目に入っていることを公表した。11年2月中旬に出産の見通しだという。

   日本国内でしばしば議論になる「代理出産」のケースと異なり、今回のケースでは、現在事実婚の関係にある飲食店経営者の精子と、米国の第三者から提供された卵子との受精卵を野田氏の子宮に移し、野田氏自身が出産することになる。野田氏は手記の中で、事実婚の「夫」が子どもを欲しがっていたことなどから、

「彼(事実婚の夫)のDNAが受け継がれるだけでも、それに一旦は、赤の他人を養子にしようと考えていたことからすれば、充分ではないか」
「私が子宮内の胎児に栄養を送り育てるなら、立派な『私の子ども』ではないか」 などと決断に至った理由を明かしている。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中