円高、民主代表選押しのける NHKニューストップ「少女時代」のなぜ

印刷

   NHKが2010年8月25日夜のニュース番組で、韓国の人気アイドルグループ「少女時代」の来日をトップで報じた。円高や民主党代表選といった話題より、なぜ少女時代を優先したのか。ネットでは、批判や違和感を覚えるといった声があがっている。

「何考えてんだ」厳しいコメントが多数

   午後9時から始まるNHK総合テレビ「ニュースウォッチ9」では、少女時代が初来日し、東京・有明コロシアムで行われたイベントに2万2000人もの観客が詰め掛けたことを取り上げた。歌・踊り・スタイルの3拍子そろった韓国の女性グループが今、日本の若い女性を中心に人気を博し、ペ・ヨンジュンやイ・ビョンホンといったイケメン俳優とは違う新しい韓流ブームが到来したという内容を約5分かけて放送した。民主党代表選や円高のトピックスがその後に続いた。

   これに対し、ツイッターや2ちゃんねるでは、

「どこの民法ワイドショーだよw」
「円高や民主代表選の問題もあるのに、日本の公共放送がトップで韓国アイドルグループの報道とは、NHKは何考えてんだ?」

などといったコメントが多数書き込まれた。少女時代の初来日がそこまで重要なニュースだったのか、宣伝に手を貸しただけではないのか、といった厳しい意見だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中