2020年 10月 31日 (土)

子犬を次々と川に放り込む少女 ボスニア発の動画?世界で大捜索

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   外国人少女が子犬を川に放り込む動画がネット上にアップされ、世界中で話題になっている。海外のネットでは、少女がボスニア・ヘルツェゴビナ在住だと特定。米国の動物愛護団体が情報提供者に報奨金を出すと発表するなど大騒動へと発展している。

   2010年8月30日、動画共有サイト「LIVE LEAK」にショッキングな動画が投稿された。

子犬「キャンキャン」の鳴き声残し

「Puppy killer(子犬殺し)」に世界中から非難殺到
「Puppy killer(子犬殺し)」に世界中から非難殺到

   赤いパーカーを着た金髪の少女が、手袋をはめて川に白い子犬を思い切り放り込んでいる。子犬が川にドボンと落ちると、少女はすぐに足下のバケツから次の子犬を取り上げて、また川の中に。時折、「ヒュー」といった歓声を交えながら約40秒の間に計6匹の子犬を投げ込んだ。「キャンキャン」という子犬たちの鳴き声が痛ましい。

   動画を投稿したのは米国のユーザーで、自分が撮影したものでなく、元々YouTubeに投稿されていたものを転載したと説明。元の動画は既に消されてしまったという。

   9月2日までの4日間で、200万回以上再生された。「本当に最悪だ。彼女に天罰が下ればいい」「彼女は精神を病んでいる」といったコメントが北アメリカやヨーロッパのユーザーから約700件付いた。Twitterにも「子犬殺し(Puppy killer)は死ね」といった投稿が大量に寄せられ、世界規模で話題になっている。

   CNNやAFPといった海外の大手報道機関もこの動画を報じている。それによると、この動画はまず、米国の掲示板サイト「4chan」で話題になった。「このクソアマを見つけ出して川に放り込んでやれ」といった怒りの書き込みが殺到。すぐに特定作業が行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中