「円高、売り上げに悪影響」3社に1社

印刷

   2010年8月24日に15年1か月ぶりに1ドル83円台をつけた円高水準で、企業の3社に1社が売り上げに「悪影響が及ぶ」と回答したことが、帝国データバンクの調べでわかった。

   同社の「円高に対する企業の意識調査」によると、円高が自社の売り上げに対して「悪影響」を与えると回答した企業は、全体(1万1578社)のうち、36.7%(4246社)となった。「好影響」を与えると答えたのは6.9%(803社)で1割にも満たなかった。

   「悪影響」を業界別にみると、製造業の47.4%(1558社)が円高を「悪影響」としており、なかでも「機械製造」や「輸送用機械・器具製造」、「精密機械、医療器械・器具製造」、「電気機械製造」などでは6割を超えた。運輸業などでは、輸出減による間接的な影響を懸念。旅館・ホテルなどでは「外国人観光客が減少する」との意見もあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中