松ケ根親方の降格を勧告 相撲協会調査委

印刷

   日本相撲協会の特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授)は2010年9月6日、松ケ根親方(元大関若嶋津)の降格など力士ら計27人の処分を勧告した。一連の野球賭博問題などを受けたもので、松ケ根親方は大阪宿舎を暴力団関係者から借りていた。正式な処分は8日の協会理事会で決定する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中