2021年 1月 17日 (日)

馬淵議員「菅首相支持」表明 批判コメント殺到しブログ炎上

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   民主党の馬淵澄夫議員がブログで「菅首相支持」を表明したところ、コメントが殺到、炎上した。コメントには「がっかりした。もう応援しません」などというかなり辛らつなものが多く、小沢一郎前幹事長の支持者が多いとみられる。

   民主党の代表選はいよいよ明日、2010年9月14日投票。菅陣営、小沢陣営はそれぞれ、態度を明らかにしていない国会議員への働きかけに奔走している。

「政治家一人ひとりが自立的な選択者であるべき」

「菅首相支持」でコメント殺到。辛らつな内容も(馬淵澄夫議員のブログ)
「菅首相支持」でコメント殺到。辛らつな内容も(馬淵澄夫議員のブログ)

   馬淵議員が自らのブログ「まぶちすみおの『不易塾』日記」で「菅首相支持」を表明したのは2010年9月2日のこと。ブログによると、馬淵議員はそもそも派閥間抗争のような、早期の囲い込み運動には与すべきではないと考えてきたという。

   2009年5月に野田グループを離れたと明かし、「新しい政治を目指す民主党において、派閥・グループの存在そのものが民主党において旧来の政治回帰を指向せざるを得ない状況をつくっていると実感したからだった」としている。以来、どこにも属さず、かつ派閥活動は行わないと決めた。今回の代表選でも、「政治家一人ひとりが、自立的な選択者として判断し行動すべきである」としごくまともなことを訴えている。

   そんな想いから、小沢氏と菅氏が示した政見と決意表明、質疑応答をじっくりと見て、判断したのが「菅首相」。「政策比較で、大きくは経済政策、政治改革、行財政改革、税制の抜本改革について、具体的な施策の深化を示している」という。

   ただ、詳しい説明は後日行うとしているが、9月13日時点で、ブログは更新されていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中