リコール運動監事が立候補表明 阿久根市「出直し市長選」なら

印刷

   竹原信一市長(51)の解職請求(リコール)署名が提出されている鹿児島県阿久根市で、リコール運動を進めていた団体の監事が「出直し市長選」への立候補を表明した。2010年9月18日、同市の養鶏業、西平良将氏(37)が、住民投票の結果市長解職が成立すれば、その後実施される出直し市長選へ出ると態度を明らかにした。

   市選管へ提出されたリコール署名数は、必要な有権者の3分の1を上回り、有権者の過半数に達している。出直し市長選になった場合、竹原市長も立候補する方針をすでに表明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中