2018年 7月 22日 (日)

「ガラスの仮面」ポスターに注目! マツコ・デラックス、月影で登場

印刷

   30年以上にわたって連載されている、美内すずえさんの人気漫画「ガラスの仮面」のポスターが話題だ。コラムニストのマツコ・デラックスさん(37)や、タレントの光浦靖子さんらが登場人物になりきっているもので、ネット上で「マツコ凄い!」といった声が挙がっている。

   「ガラスの仮面」は1976年に「花とゆめ」(白泉社)で連載開始。貧しい家庭で育ちながらも、天性の演技力で「千の仮面を持つ少女」と呼ばれる主人公・北島マヤが、トップ女優を目指すというストーリーで、ドラマやアニメ、舞台にもなっている。

「マツコ、恐ろしい子……!」

マツコさん登場の「ガラスの仮面」ポスター
マツコさん登場の「ガラスの仮面」ポスター

   未だ完結しておらず、スタートから30年以上経った現在も連載中だ。最新刊となる45巻が2010年9月30日に、46巻が10月29日と2か月連続発売されるのだが、その宣伝用ポスターが特設サイトで公開された。

   ワイドショーなどで活躍している巨漢の女装コラムニスト・マツコ・デラックスさんが、作中に登場する大女優・月影千草のコスプレをし、昭和風メイクでこちら側を睨み付けている。隣ではお笑いコンビ・オアシズの光浦靖子さんと、大久保佳代子さんがそれぞれ北島マヤとそのライバル、姫川亜弓の恰好をしている。

   ネットですぐに注目を集め、ツイッターには投稿殺到。「月影先生は痩せてるハズなんだけど」といったものもあるが、

「クリソツすぎる、メイクこえええ」
「マツコ、恐ろしい子……!」「マツコすごいな」

   マツコさんの迫力に目が釘付けになってしまった人が多かったようだ。ヤフーニュースのトピックスでも紹介され、「マツコ大好き」といったコメントが付いている。

「以前から好き」、撮影快諾、衣装は自前で用意

   そもそも何故、「ガラスの仮面」でマツコさんなのか。白泉社の宣伝広告課の担当者によると、マツコさんは以前からテレビで「『ガラスの仮面』が好き」などと話していた。そして、

「『マツコの部屋』(フジテレビ)を見ていたら、ふとマツコさんが、月影に似てると思ったんです。もちろん体型とかは似てないんですけど、カリスマっぽい感じとか雰囲気が似ているかなと」

   そして、ポスター撮影を依頼したところマツコさんは快諾。衣装は自前で用意してきたそうで、撮影時も月影になりきっていたという。

   ツイッターなどでの反応は「予想以上」だった。否定的な意見もあるかと思ったが「素晴らしい」と好意的なものがほとんどだったという。

   「ガラスの仮面」は現在でも新刊が出ると50~60万部は堅い。しかし、連載開始から30年以上も経っていることもあり、「もう終わった漫画」と思っている人や、昔読んでいても購読を止めてしまった人もいる。今回のプロモーションは、そうした層を掘り起こすために行った。

「ストーリーも最終局面に入りました。5年も休載したことがある漫画なので、10年後、20年後になる可能性がない訳ではありませんが、終わりもそんなに先ではないと思います。今回のポスターをきっかけに、再び手に取って貰えれば」

と話している。2か月連続の新刊発売は「ガラスの仮面」史上初。マツコさんやオアシズが登場するポスターは9月から10月にかけて書店の他、東京や大阪、福岡などの主要駅にも貼り出される。

   また9月15日には作中に登場する芸能事務所社長、速水真澄のツイッターアカウントが登場。1日で約7000人にフォローされるほどの大人気で、「月影デラックスには物凄い反響があったようだ。マツコ・デラックスさん、光浦さん、大久保さんには心より感謝を…」などと呟いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中