谷亮子選手、強化指定降格 「ナショナル」から「シニア」に

印刷

   全日本柔道連盟が2010年9月19日、埼玉県上尾市内で強化委員会を開き、女子48キロ級の五輪金メダリスト・谷亮子選手(35)の強化指定を最高位の「ナショナル」から「シニア」に下げることを決定した。

   女子全日本の園田隆二監督は「2年間、試合から遠ざかっているし、合宿にも参加していない」と理由を説明。谷選手は08年の北京五輪以降、参議院議員としての活動などで第一線を退いていた。シニア降格になると、主要国際大会への派遣が減る傾向にあり、五輪出場に必要な世界ランキングのポイント獲得が難しくなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中