島田紳助氏らに賠償命令 元社員女性への暴行事件

印刷

   吉本興業所属のタレント島田紳助(本名・長谷川公彦)氏に殴られてけがをしたとして、同社元社員の女性が島田氏と同社に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は2010年9月21日、約1000万円を賠償するよう島田氏らに命じた。

   判決は、04年の島田氏による暴力と同社の使用者責任を認定した。島田氏は04年末、この女性に対する傷害罪で略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受けている。

   判決を受け、島田氏は「真摯に受け止め、被害者の方に改めておわび申し上げたい」、吉本興業は「厳粛に受け止め、再発させないよう、引き続き防止策に努めて参ります」とコメントを出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中