2020年 7月 3日 (金)

絢香「印税ライフ」の行末 優雅?それとも多難?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   病気療養中で、所属事務所から独立したシンガー・ソングライター絢香さん(22)の「印税ライフ」に注目が集まっている。「5億円?印税ライフ」との優雅な生活を思い起こさせる報道から、全く逆の「独立失敗」の見立ても伝えられている。

   「絢香『5億円?』印税ライフ」との見出しを付けたのは、週刊誌AERA最新号(2010年10月4日号)だ。一方、9月27日には、芸能ナックルズが「絢香独立失敗するこれだけの理由」として、絢香さんの印税生活に対し厳しい見方の記事をネット配信した。

水嶋ヒロと夫婦そろって独立

絢香さん印税ライフを報じる週刊誌AERA
絢香さん印税ライフを報じる週刊誌AERA

   「三日月」(06年)などの大ヒットで知られる絢香さんは09年、俳優で同じ事務所(研音)の水嶋ヒロさん(26)と結婚した。同年末のNHK紅白歌合戦を最後に、バセドウ病の治療のため活動を休止し、その後事務所を辞め自身の楽曲管理会社を設立した。夫の水嶋さんもこのほど事務所を辞めたばかりだ。夫婦そろって独立した形だ。

   独立後の水嶋さんの仕事の先行きが不透明な中、それでも独立できたのは、絢香さんの印税収入のお陰だ――こうした見方を伝えたのが、AERA最新号記事だ。「アルバムだけで3億円の印税が入る計算だ」「シングルでも、少なくとも2400万円の印税が支払われると見られる」などと伝えている。

   さらに、「ロード」(1993年)のヒットで知られる高橋ジョージさん(作詞・作曲・THE虎舞竜ボーカル)が9月14日、「夢の印税」をテーマにした映画キャンペーンの中で「いまだに年間1200万円が黙っていても入る」と語ったことにも触れて、「絢香のカラオケ人気を考えると、いま彼女の印税は高橋さんより多いでしょう」との芸能コメンテーターの見方を紹介している。「着うた」などの楽曲ダウンロードに伴う「相当額」の収入についても指摘している。

   一方、芸能ナックルズ記事では、作詞や作曲などの印税などは「4~5%でしかない」、「歌唱印税は1%や2%」だとして「儲からない」と、関係者が語っている。以前所属していた事務所など音源管理権をもっているとみられるところが過去の絢香さんの曲の使用を認めなければ、今後新たにヒット曲を生み出すしかない、とも指摘している。それなりの金額は手に入るが、楽曲管理会社を運営するほどの利益はあがらないのでは、といいたいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中