2019年 2月 22日 (金)

ネット漫画「中国嫁日記」が書籍化 日中間の文化の違いが大人気

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

漫画のネタにしていることは妻に内緒

   現在、尖閣諸島を巡って日本と中国の関係が緊張しているが、井上さんも気を揉んでいるようで、こんな話をツイッターに投稿している。以前、月さんの姉から日本製の粉ミルクを中国に送って欲しいと頼まれた。子どもがとても虚弱で、月さんの姉は原因が中国の粉ミルクにあると推定。中国でも日本製粉ミルクを売っているが、中国の工場で作ったものに日本メーカーの名前を付けた偽物もあり、信用できないのだという。

   日本から送られた粉ミルクで、子どもは近所でも話題になるほど元気になった、という。井上さんは「日本を憎んでる人たちばかりなどでは絶対にないのは当然として、国交断絶とかされると凄く困る人たちが中国にいることを知って欲しいのです」と書いている。

   「中国嫁日記」のPV(ページビュー)は9月下旬になって、急激に伸びており10月4日には、ライブドアブログの「ルーキーランキング」で10位にランクインした。

   9月30日には、井上さんがツイッターに「書籍化の話が5社から来た」と投稿。その後、他の会社からも話を持ちかけられ、最終的に8社からオファーが来た。「皆様ありがとうございます。しかし、1社以外全部断るのが辛い」と感謝している。

   しかし、妻をネタに漫画を描いていることは本人には知らせていないという。10月2日の更新では、プライベートな内容を描いた漫画のため、書籍化に反対されたら「全てをやめる可能性がある」と書き込んでいた。

   J-CASTニュースが井上さんに取材したところ、現在8社のうち2社と書籍化の話を進めている。書籍化には、妻本人から承諾を得ないといけないと思っているが、まだ作業が始まっていないので「悠長に構えている次第です」。順調に進むと、発行は11年春~夏ぐらいになるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中