2019年 7月 23日 (火)

大学寮で同性愛「性行為」隠し撮り ネットにさらされ男子学生自殺

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   一人の学生の自殺が、全米で大きく報じられている。自ら命を絶った男子学生は同性愛者と見られ、自室で男性と「性的な行為」をしているところをルームメートがウェブカメラで盗撮、インターネット上でさらしたのだ。

   隠し撮りした2人は「プライバシー侵害」の容疑で逮捕。同性愛者らを標的にした「ネットいじめ」が、改めてクローズアップされた。

「アイツが男とイチャついてるのを見たよ、イェー」

クレメンテ君の死を悼むフェースブックのページ
クレメンテ君の死を悼むフェースブックのページ

   被害者は、米ニュージャージー州にあるラトガース大学1年生、タイラー・クレメンテ君。学生寮の部屋で、男性相手に性的な行為をしている模様をウェブカメラで隠し撮りされ、ネットに流された。

   カメラを設置したのは、クレメンテ君のルームメートのダルーン・ラビ容疑者とその同級生モリー・ウェイ容疑者の2人。米ニューヨークタイムズ紙などによると2010年9月19日、ラビ容疑者はツイッターで、「ルームメート(クレメンテ君)に、夜中まで部屋を空けてほしいと頼まれた。オレはモリーの部屋にいって、ウェブカメラのスイッチを入れた。アイツが男とイチャついてるのを見たよ、イェー」と呟いている。

   クレメンテ君は、自身が同性愛者であることは公言していなかったが、ツイッターやSNSサイト「フェースブック」でたびたび同性愛を匂わせる記述をしていたようだ。盗撮の事実を知った9月22日、橋の上から川に身を投げて自殺。米CBSニュースによると、自殺の前、クレメンテ君は同性愛者向けの掲示板サイトに、「彼(ラビ容疑者)は、僕があんなことしていたのを見たんだ」「大学は多分何もしてくれない」と書き込んでいたと見られる。フェースブックには死の直前、「橋から飛び降りる。ごめん」と最後のメッセージを寄せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中