2018年 7月 23日 (月)

3D体験者の75%「メガネなしで見たい」 

印刷

   市場調査を手がけるシード・プランニングは、3D映像を体験した人から映像やコンテンツに関する調査を実施し、2010年10月7日、ウェブサイトで概要を発表した。対象者数は500人。

   3Dのアトラクションを経験した人のうち92.1%が「期待以上」「期待どおり」と回答。サッカー中継や音楽ライブ、映画でも満足度は高かった。また、家庭で3Dを見たくなる条件として最も高かったのは、「裸眼で3Dを見られるテレビやパソコンが登場する」ことで、75.4%。2番目に高かった「3D番組が増える」の38.8%を大きく引き離しており、専用メガネを装着せずに3D映像を見たい人が多いことが明らかになった。

   調査は2010年8月から9月にかけて、オンラインで行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中