2019年 8月 18日 (日)

青森県が庁舎内SEXで男性職員処分 相手女性「処分なし」の不思議

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   青森県庁内で男性職員(59)が深夜に女性と性行為をして、減給処分を受けていたことが分かった。男性は女性を「管理・監督」する立場にあったというが、女性についてだけは身元も明かされず、処分もされていない。

   2年前の不祥事が発覚したきっかけは、情報公開請求だった。

河北新報の情報公開請求で発覚

情報公開請求がきっかけに
情報公開請求がきっかけに

   青森県の人事課によると、地元の河北新報が懲戒処分について情報公開請求し、個人情報を除いて公開されたものを同紙が2010年10月7日に報じた。

   その記事や人事課の話によると、男性職員は07年8月11日午前零時過ぎ、勤務していた県内の庁舎内で、当時県庁内で働いていた女性と性行為をした。職員は、妻子がいたため、不倫関係になる。この日は、仕事で残っていた。女性が独身かどうかは資料に記述がなく、深夜残っていた理由については公開されていない。庁舎内で性行為をした動機についても、資料に書いてないという。

   この不祥事は、08年4月になって、匿名の電話があって分かった。

   防犯カメラに映っているなど、特に証拠はなかった。しかし、県が職員に聞き取り調査をしたところ、性行為をしたことを素直に認めた。合意のうえだったと話しており、県も強要の事実はなかったとみている。

   これに対し、県は同7月11日付でこの職員を減給2か月(10分の1)の懲戒処分にした。一方、女性については、処分しなかった。

   不祥事が報じられると、ネット上では、不満の声が上がった。なぜ女性については身分を明かさず、処分もしないのか、ということだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中