2019年 11月 21日 (木)

仙谷長官が造反官僚「どう喝」 その瞬間「凍り付くような感じした」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「凍り付くような感じがしました」。国会の委員会での発言に対し仙谷由人官房長官から「将来を傷つける」「大変残念だ」と、パワハラもどきの「どう喝」をされたキャリア官僚がテレビに出演し、その瞬間の「恐怖」を語った。

   2010年10月20日の情報番組「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)で、公務員改革問題で政権を批判する大胆な告白・提言をしたのは、経済産業省大臣官房付の古賀茂明氏。50代半ばの「改革派官僚」とはいえ、将来を保証されたキャリア官僚の「造反」は極めて珍しい。

「はなはだ彼の将来を傷つけると思います」

仙谷官房長官を「陰の総理」と伝える週刊現代
仙谷官房長官を「陰の総理」と伝える週刊現代

   古賀氏は09年12月まで国家公務員制度改革推進本部事務局の審議官(ナンバー4にあたる)だった。以降、「待命ポスト(ポスト待ち)」の官房付で異例の10か月を「勉強しながら」(古賀氏)過ごしており、いわば「干されている」状態だ。

   問題の場面は、10月15日の参院予算委員会だ。古賀氏は、政府参考人として出席し、菅直人内閣の天下り対策について批判的な答弁をした。

   これに対し、「私に質問頂いてませんけど」と断りつつ「場外」から乱入してきたのは、「陰の総理」ともささやかれる仙谷長官だ。

   「さっきの古賀さんの上司として、一言先ほどのお話を」と切り出し、「古賀さんを現時点の彼の職務に関係ないこういう場に呼び出す、こういうやり方は、はなはだ彼の将来を傷つけると思います」「優秀な人であるだけに大変残念に思います」

   古賀氏に対して人事権を「将来を傷つける」方向で行使するかのような発言だ。仙谷氏の「答弁」が終わると、「どう喝だよ!」と野党議員たちから一斉に反発の声が挙がった。「理事会で決めたこと(古賀氏の招致)を『おかしい』っちゃ何だそれは!」と激高した声も飛び交う。委員長席に詰め寄る議員が相次ぎ審議は一時紛糾した。

   仙谷氏は直後の会見で、「別にどう喝のつもりはない」としらを切った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中