09年度のFC売上高、初の減少 外食・サービス業が不振

印刷

   2009年度のフランチャイズチェーン業界の売上高が、統計を取りはじめた1974年度以来、初めて減少した。日本フランチャイズチェーン協会によると、09年度のFC業界全体の売上高は前年度に比べて56億円(0.03%)減少して、20兆8021億円になった。

   業種別にみると、外食業は前年比0.2%減の3兆9326億7500万円、クリーニング店やレンタルビデオ店などのサービス業は同0.9%減の2兆4029億8300万円。コンビニエンスストアなどの小売業は0.2%増の14兆4674億6600万円だった。

   国内FC数は1206チェーン。前年度に比べて25チェーン、2.0%の減少で、2年連続で減った。このうち、外食チェーンは21も減らした。

   総店舗数(直営店と加盟店の合計)は23万1666か店で、前年度比844か店、0.4%増加した。ただ、サービス業の店舗数は572か店、0.6%減った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中