2018年 7月 23日 (月)

高病原性の鳥インフルウイルス検出 稚内でカモのふんから

印刷

   北海道稚内市内で、野生のカモのふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)が検出された。環境省が2010年10月26日に発表した。北海道大学が行っている野鳥のふん便調査で、10月14日に稚内市の大沼で採取された183検体のうち2検体から見つかった。

   インフルエンザによって死んだ野鳥は確認されておらず、同省は「現段階では鳥が大量死するような高い危険性があるとは考えていない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中