2018年 9月 24日 (月)

小泉進次郎は「TV政治の天才」 「しゃべり」プラス「ボケ」の威力

印刷

「ビジョン伝わってこない」の声も

   「テレビ的」にはどうなのだろうか。テレビ・コラムニストの今井舞さんの見方はこうだ。

「テレビ映えする容姿や(元首相の)ジュニアだという立ち位置など、自分のことを良く分かった上で自身を演出している感じがする。口もうまい」

   演出といっても緻密に計算した上で、ではなく「それまでの経験で成功した反応を感覚的に蓄積して意のままに振る舞い」、それが良い方向に回っているようだ。

   もっとも、「よくテレビに映っている割にはいまだにどんなビジョンを持っているのかは、さっぱり伝わってこない」と厳しい見方も示す。

   先の政治評論家、杉浦さんも「今(進次郎議員が)目立つのは、自民党若手にほかに人材がいないからだ」と指摘する。「民主の中堅・若手は、勉強している議員も多く層が厚いために目立てない部分もある」として、「仮に(進次郎議員が)民主へ移った場合、どこまで通用するか」と、「中身」に注文をつけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中