2019年 1月 21日 (月)

紳助の傲慢発言に批判殺到 アニメ主題歌「資料見ずに書いた」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大人気アニメ「ワンピース(ONE PIECE)」の主題歌のプロデュースと作詞を担当した島田紳助さん(54)がテレビの番組で「実はもらった資料を見ずに作詞した」と明かした。これまでも、ストーリーや映像と合っていないなどとブーイングが飛んだことがあるが、今回「ファンに失礼だ」「テキトーに詞を書くな!」などと批判が再燃する結果になった。

   島田さんは「ワンピース」の原作を全て渡されたが、読んでいないそうで、その理由は「マンガが大嫌い」だからという。

「まぁええやろって思って、見んと作詞したんです」

   問題の曲は2009年11月15日放送分から10年7月までオープニングを飾った「風をさがして」。歌はフジテレビ系人気番組「クイズ!ヘキサゴンII」出演者が担当した。この曲が流れるとファン達は「ワンピースのイメージに合っていない」と騒ぎ出し、アニメを制作した東映アニメーションに批判が殺到。「ワンピース」の公式ホームページには数百もの苦情が寄せられる「炎上」騒ぎになった。

   特に批判が大きかったのは、主人公・モンキー・D・ルフィの兄、エースが処刑される直前のシーンで「イエー!!!」などと楽しげな掛け声が入ったこと。また、おバカキャラ満載の「ヘキサゴン」出演者と「ワンピース」はイメージが異なる、というのもあった。

   島田さんは2010年11月1日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」で作詞にまつわる裏話を披露した。放送はマンガ・アニメ特集で、感動できるマンガを読んでもらおうという企画だった。しかし島田さんはマンガ嫌いだと明かし、「ワンピース」のテーマソングにまつわるエピソードを話し出した。

「(ワンピースの)資料、もろたんですけど、まぁええやろって思って、見んと作詞したんです。そんで『これどや?』って次女に見せたんです。そしたら『全然ちゃうで!』と言われた」

   原作マンガを全巻渡されたが、今でも全く読んでいない、という。

アニメ制作会社は「特に話しすることはない」

   ネットでは島田さんの打ち明け話に関して「だからあのOPあんなクソだったのね」などとし、掲示板や「ツイッター」に批判のコメントが殺到。

「仕事を引き受けるなら原作は読むべきであってそれは仕事に対する姿勢だと思う」
「テキトーに作った歌に絵を付けなきゃいけなかったスタッフには同情する」

などといった意見が出た。

   だが、今回の件でもファンから批判が寄せられているのだろうか。制作会社の東映アニメーションに問い合わせてみたところ、

「特にお話しすることはありません」

ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中