新卒採用「遅らせるのに賛成」55.4%

印刷

   帝国データバンクは2010年11月4日、「新卒採用に対する企業の意識調査」を発表した。調査は10月19日~31日、全国2万2822社を対象に行われ、1万1163社の有効回答を得た。

   それによると、新卒者の定期採用が「ある」と答えた企業は30.8%。企業の規模別にみると、大企業は60.7%が「ある」と答え、中小企業では21.6%にとどまった。

   採用活動の早期化や既卒者の就職難に「問題あり」と考える企業は67%、「問題があるとは思わない」は10.5%だった。

   採用活動の開始時期を遅らせることについては、「賛成」が55.4%、「反対」は6.9%、「分からない」は37.7%だった。卒業後3年以内の既卒者を新卒扱いで採用することについては、「賛成」と「分からない」が同数の38.4%、「反対」が23.2%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中