尖閣ビデオ「一般公開せず」 仙谷官房長官改めて強調

印刷

   尖閣ビデオの流出問題に関連して、仙谷由人官房長官は2010年11月5日の会見で、ビデオそのものの一般公開は考えていないことを改めて示した。

   「従来と態度は変わっていない」と言い、流出問題について調査から捜査に切り替えたい考えも明らかにした。公務員が流出させた場合について、仙谷長官は「罰則付きの国家公務員法違反になる」とした。中国政府に対しては、「事実関係が調査できればしかるべく説明を申し上げる」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中