2018年 7月 22日 (日)

解放された山路徹さん「ツイート出来ている事が夢のようです」

印刷

   ミャンマーに不法入国した疑いで現地当局に拘束されていたAPF通信社代表の山路徹さんが2010年11月9日、無事解放された。

   山路さんは7日に行われたミャンマーの総選挙を取材するため、タイから国境の川を渡ってミャンマー東部カレン州ミャワディに入った。そこで投票所周辺を撮影後、秘密警察に拘束されたという。国外退去処分を受け、9日夜にタイ側に戻った。

   解放後、山路さんはツイッターに「皆さんにはご心配かけました。そのかわりと言ってはなんですが、ビルマ刑務所の実態を取材することが出来ました」「懲役5~7年を言い渡されていたので、いまこうしてツイート出来ている事が夢のようです」と投稿している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中