TPP反対集会に農林漁業者ら3000人

印刷

   全国農業協同組合中央会(JA全中)や全国漁業協同組合連合会などの団体は2010年11月10日、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加に反対する集会を東京・日比谷野外音楽堂で開いた。農林漁業関係者ら約3000人が参加した。

   政府は9日、「関係国との協議を開始する」としたTPP交渉の基本方針を閣議決定。参加の是非を11年6月にまとめる方針。集会ではJA全中の茂木守会長が「TPPに参加すれば農林漁業は壊滅する」と訴え、参加を断固阻止しようと呼び掛けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中