地銀協会長に静岡銀行の中西頭取が内定

印刷

   全国地方銀行協会の新しい会長に、静岡銀行の中西勝則頭取(57)が内定した。中西氏は2005年から静岡銀行頭取を務める「生え抜き」。財務省出身の小川是会長(70、横浜銀行頭取)からバトンを受け継ぐ。

   地銀協の会長人事は、1976年の諸田幸一会長(~1977年。当時、群馬銀行頭取)以降、財務省(旧大蔵省)OBか、日本銀行OBが就くことが慣例だった。地銀界ではここ数年、天下り批判もあって「生え抜き」頭取が増えている。

   なお、正副会長などを含めた新役員の正式な選任は、11年6月の理事会で行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中