2018年 7月 23日 (月)

東京株式市場、一時1万円割れ 朝鮮半島情勢の緊張で

印刷

   2010年11月24日の東京株式市場の日経平均株価は、前日の北朝鮮による韓国・延坪島(ヨンピョンド)攻撃の影響で始値から1万円を割り込み、一時は下げ幅が前日(22日)比200円を超す9904円92銭まで下落した。ただ、終値は前日比85円08銭安の1万30円11銭と、1万円台をキープした。

   朝鮮半島情勢の「緊張」で、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価が大幅に下落したことで、その影響が懸念されたが、現状は底堅く推移している。

   東証株価指数(TOPIX)の終値は、同8.91ポイント安い866.57だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中