2018年 7月 21日 (土)

金価格、NYは過去最高値

印刷

   金の価格が最高値を更新している。ニューヨークの金先物市場は2010年12月6日、取引の中心である11年2月決済物の時間外取引で一時1トロイオンス1429.4ドルまで上昇し、約1か月ぶりに過去最高を更新した。米国の追加緩和の観測や欧州の財政不安を背景に、個人を含む投資マネーが「買い」に入った。

   一方、NY市場を受けた12月7日の東京工業品取引所(TOCOM)の金先物も続伸で始まった。取引の中心となった11年10月決済物が一時、前日比8円高の1グラムあたり3789円を付けて、1983年2月以来27年10か月ぶりの高値となった。

   時間外の17時には1グラム3791円を付けた。

   また田中貴金属工業によると、金現物の小売価格は同20円高の1グラム3997円となり、4000円台目前に迫っている。今年の最高値の水準。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中