海老蔵、7日夜に会見 「何を語るか」弁護士も同席

印刷

   暴行され顔などに大けがをした歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(33)が2010年12月7日夜、東京都内のホテルで記者会見を開く。松竹が7日夕、発表した。海老蔵さんがどんな説明をするのか注目が集まっている。

   発表によると、会見には海老蔵さんのほか迫本淳一・松竹社長と同社専務、弁護士も出席する。20時から計4人が壇上に並ぶようだ。松竹が報道陣に送った資料には、「記者会見のお知らせ」とあるだけで、何についての会見なのかは明記されていない。また、記者からの質問に答えるのか、一方的な「発表」にとどまるのか、にも触れていない。

「20時から会見」情報がニュースに

   海老蔵さんは11月25日未明にけがをし、同日から入院していた。12月7日に退院して会見場へ向かうようだ。海老蔵さんのけがを巡っては、海老蔵さんが警察に対し、酒を飲んで相手を介抱していたら一方的に暴行を受けたと説明したのに対し、現場の目撃情報などから「海老蔵さんの方が先に手を出した」との証言も出ている。

   「真相」が不明の中、海老蔵さん事件は連日ワイドショーを賑わせている。12月7日夕には、夜からの海老蔵さんの会見が公表されたことを民放ニュースが報じていた。海老蔵さんの自宅と病院の周辺には多くの記者が張り込んでいる状況も伝えられるなど、関心の高さを伺わせている。

   20時からの会見で、海老蔵さんはどんなことを語るのだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中