2018年 7月 18日 (水)

ネット企業に外国人の投資集まる

印刷

   携帯ゲームのグリーやディー・エヌ・エー、通販サイトなどを運営する楽天、比較サイトのカカクコムといったネット企業大手の株主に、外国人投資家が増えている。たとえばカカクコムの場合、2010年12月8日発表した中間報告書によると、外国法人等の保有株式数は9月末時点で8万1737株(全体の28.30%)になっている。

   外国人投資家が携帯ゲームを中心としたネット事業の成長性に注目していることが背景にある。また、たとえば楽天は米国やフランスで企業を買収し、また中国でもネット通販を展開するなど、海外事業にも力を入れはじめていて、それに伴い知名度が向上している。サイバーエージェントやカカクコムなどのように、海外でIR(投資家向けの企業説明会)を積極的に実施していることもある。

   外国人投資家の持ち株比率の高まりは世界的な信用力の向上につながる半面、急激な株価の変動を招きやすいとされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中