2018年 8月 21日 (火)

「さかなクンさん」と呼ばず失礼しました NHKが「ツイッター」で謝罪

印刷

   NHK広報局が「ツイッター(Twitter)」で、東京海洋大学客員准教授のさかなクン(35)の話題を取り上げたところ、読者から「さかなクンさん」と呼ぶべきで「敬称を付けないのは失礼だ!!」との苦情が寄せられた。同広報局の「ツイッター」担当者は、ツイッターに謝罪文を掲載したうえで、苦情を寄せた人に直接に謝るという事態となった。

   さかなクンは水産庁の水産政策審議会特別委員や、数々の水族館、博物館の研究員を歴任、2010年12月15日には70年前に絶滅したとされた淡水魚「クニマス」の発見に貢献したとしてニュースなどに大きく取り上げられた。お茶の間では魚類に詳しいタレントとして知られ、「ギョギョッ!!」などという掛け声とともに人気者になっている。

「気にしないように」というツイートも

   今回の「さかなクン」騒動は、NHK広報局が運営するツイッターで広報局員が「さかなクン」と書いたのが発端だった。これに対し、「さんをつけろよ、デコ助野郎」「呼び捨てだなんてさっすがー!マジパネェッス!」「さかなクンさん、とお呼びしましょう」「さかなクンさんは芸人じゃねーし」

などと苦情のリツィートが殺到した。

   広報局員は事態が飲み込めていないようで、「さかなクンさん?」などと「ツイッター」上で何度も聞き返し、「さかなクン」本人が「さん」を付けることを望むなら、そうしなければならないのかもしれない、とした後で、「ツイッター」に謝罪文を掲載。

「先ほどのツイートで、さかなクンさんを、さかなクンとお呼びしてしまいました。たいへんな失礼をいたしました。申しわけありません。お詫びして訂正いたします。何卒ご容赦ください」

   そして、苦情を寄せた人達1人1人に謝った。その数は20を超えた。

   やがて

「誰もが失敗するものです次は失敗しないように気をつけてください」
「これからはさかなクンさんを二度と呼び捨てしちゃいけないヨ!」

といったリツィートが寄せられるようになった。さらに、イタズラで責めているだけなので気にしないように、といったツイートが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中