2019年 1月 23日 (水)

映画「最後の忠臣蔵」米国公開が延期 英語版タイトルに異議

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2010年12月18日に日米同時公開が予定されていた映画「最後の忠臣蔵」の米国公開が延期されることになった。配給会社のワーナー・ブラザース映画によると。公開延期は、英語版のタイトルに対して他の映画会社から「プロテスト(異議)」の申請があったためだという。

   ワーナー映画は現在、英語版のタイトルの趣旨と背景を再度説明し、異議の取り下げを要請している。日米同時上映は時代劇としては「快挙」であり、実現していれば、米アカデミー賞のノミネートにも間に合うはずだった。

「ニューイヤーホリデーに間に合わないのは不運」

ハリウッドでも高い評価を受けていた(映画「最後の忠臣蔵」の公式ホームページ)
ハリウッドでも高い評価を受けていた(映画「最後の忠臣蔵」の公式ホームページ)

   米国での映画公開に、ワーナー映画は当初、英語版のタイトルを「THE LAST RONIN」と決めていた。MPAA(モーション・ピクチャーズ・アソシエーション・オブ・アメリカ)にレイティング(日本の映倫審査のようなもの)とタイトル・ビュウローに対して、他社から異議がないかを確認する審査の手続きに入っていた。

   ところが、タイトル・ビュウローについて、「プロテスト」の申請が米ハリウッドの映画会社からあった。

   これを受けて、ワーナー映画は公開日が近いこともあって、邦題と同じ「SAIGO NO CHUSHINGURA」に変更して再申請したが、このタイトルに対して今度は日本の映画会社から異議があった。いずれも類似したタイトルの作品があったことが考えられるという。

   「プロテスト」があった場合でも、異議申し立てをした映画会社などがどんな会社であるか、当事者には知らされない。ワーナー映画も「わからない」そうで、「いまビュウローに仲立ちしてもらい、こちらの考えを相手に伝えてもらっています」と、状況を説明する。

   「最後の忠臣蔵」は、ベネチアやカンヌなど、他の海外での上映をにらんでセールスの準備を進めていることもあり、米国でのタイトル変更は避けたいところだ。

   ワーナー映画は「ニューイヤーホリデーに間に合わないのは不運としかいいようがないが、なんとか『THE LAST RONIN』でいきたい」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中