M-1グランプリ最後の王者に「笑い飯」

印刷

   漫才日本一を決める「M-1グランプリ2010」が2010年12月26日に行われ、笑い飯が優勝、今回で最後となるM-1で、悲願の王座獲得を達成した。

   全9組で争われた決勝1回戦では、笑い飯と、敗者復活戦から勝ち上がったパンクブーブーが668点で同点1位。初出場のスリムクラブとあわせて3組が「最終決戦」に臨んだ。7人の審査員による投票では、笑い飯がスリムクラブを退け、第10代王者となった。笑い飯は前回まで8回連続決勝に進みながら涙をのんできたが、最後に勝者となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中